性病・性感染症

STDとは

「STD」とは、Sexually Transmitted Diseasesの頭文字をとったもので、性行為により感染する病気のことです。病原菌を含む精液、膣分泌液、血液などが、口や性器の粘膜、皮膚などに接触することでおこります。
自覚症状に乏しい病気もあるため、気付かないうちに病状が進行し、パートナーに感染する可能性があります。
当クリニックでは、泌尿器、性器の症状の治療をおこなっております。
ほとんどのSTDは治療可能です。早期発見・早期治療のために、検査を受けて確実に治療しましょう。

おもな診療内容

性器クラミジア感染症

性器クラミジア感染症とは

日本のクラミジア感染者は100万人以上とされ、最も感染者数の多いSTD(性病)といわれています。
クラミジアトラコマティスという病原体により感染し、男女ともに、感染しても自覚症状に、気付かないままパートナーへうつしてしまうことがあります。

症状

男性
  • 尿道からの分泌物(うみ)
  • 軽い排尿痛
  • 尿道のかゆみや不快感
  • 精巣上体の腫れ
  • 軽い発熱や痛み
女性

女性の半数以上が全く症状を感じないといわれています。

性器クラミジアの診断

尿検査、血液検査などで行います。

性器クラミジアの治療

治療は主に内服薬で行います。

淋菌感染症

淋菌感染症とは

「淋菌」が感染して起こる病気です。1回の性交での感染率が約30%と高く、クラミジアに同時感染している人が20~30%いると言われています。

症状

男性
  • 尿道からの分泌物(うみ)
  • 激しい痛みの排尿痛
  • 尿道のかゆみや不快感
  • 精巣上体の腫れ
  • 発熱や激しい痛み
女性
  • おりものの増加
  • 不正出血
  • 下腹部の痛み
  • 性交時の痛み

淋菌感染症の治療

治療は主に抗生物質の点滴治療を行います。

性器ヘルペス

性器ヘルペスとは?

ヘルペスウイルスによって引き起こされ、女性が初めて感染した場合は、排尿ができないほどの強い痛みになるといわれています。
残念ながら原因ウイルスを根絶させることは難しく、症状を抑える治療となります。

症状

男性
  • 患部表面のヒリヒリ感、むずがゆさ
  • 2~10日程度でかゆみを伴った赤いブツブツや水ぶくれ
女性
  • 外陰部、膣の入り口、おしりなどに水ぶくれや潰瘍
  • 排尿が困難なほどの強い痛み

性器ヘルペスの診断

主に視診、血液検査を行います。

性器ヘルペスの治療

治療は主に内服薬、塗り薬で行います。

尖圭コンジローマ(ヒトパピローマウイルス)

尖圭コンジローマとは?

良性のヒトパピローマウイルスが原因で起こる病気で、性器に特徴的なイボができます。
性行為による感染が主ですが、皮膚や粘膜の傷口から感染することもあります。
ウイルスの根絶は難しく、イボを取り除く外科手術治療となります。

症状

性器に、小さなニワトリのトサカのようなイボができる

尖圭コンジローマの診断

主に視診で行います。

尖圭コンジローマの治療

病変が小さく、多発している場合は、塗り薬で行います。
病変がやや大きく、個数が少ない場合は切除除去もします。

〒790-0003 愛媛県松山市三番町5丁目2-8

西田泌尿器科クリニック